ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月06日

チームとともに大きな不振を繰り返すチチャリート

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季はここまでリーグ戦24試合に出場して10得点2アシスト。確かにチチャリートに対する高い期待値を思えば多少は物足りなさを感じるかもしれないが、しかし結果だけをみれば決して悪くはないものだといえるだろう。しかし改めて数字を見直して見ると、なぜここのところ出場機会を失っているのかその理由がみえてくる。

開幕から第6節までの間で5得点をマークしたメキシコ代表FWなのだが、それから前半戦が終了するまではまったく得点も、アシストも記録することができなかったのだ。さらに同様の現象は後半戦でも起こっており、開幕から4試合で同じく5得点をあげたものの、それ以降はチームが未曾有の大不振に陥る中で、再び得点もアシストも記録できずに、ついには主力の座をも失った格好となっている。

果たして今週のインゴルシュタット戦では、先発することはできるのだろうか?ただその一方でレヴァークーゼンでは、守備の要の2選手、エメル・トプラクとヨナタン・ターの出場が危ぶまれており、もしも欠場となればイェドヴァイがドラゴヴィッチとともにCBコンビを形成することになるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報