ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月25日

レヴァークーゼン、S.ベンダーとフォランドに今節出場の可能性

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


火曜日に行われたドイツの国内カップ戦、DFBポカール2回戦ウニオン・ベルリン戦にて、前半で途中交代を余儀なくされたスウェン・ベンダー。

今夏にドルトムントから加入し、今季は守備の要として期待される守備のオールラウンダーだが、大腿筋に硬化を抱えていたことがその後に明らかとなっている。

ハイコ・ヘアリヒ監督は、「我々としては、リスクをとにかくおささないようにしたかった」と、試合後にコメント。「スウェンを交代したことは正しい判断だったと思う。医師によれば、スウェンは間に合う可能性があるとのことだ」と明かした。

さらにその前に行われたグラードバッハ戦にて、足首の靭帯を部分断裂したケヴィン・フォランドについては、ケルン戦での出場について「半々」の見通しとのこと。復帰については金曜日に改めて判断を下したい考えであり、この時にはチーム練習に参加する予定だ。「両選手について、前向きに考えているよ」とヘアリヒ監督は希望を述べている。

なお欠場となった場合には、今季はその闘争心溢れるプレーで、チーム最多となるその得点数のみならず重要な存在となっているフォランドの離脱は痛いが、ウニオン戦ではその不在をうまく穴埋めすることに成功。

またベンダーの代役についても、レトソスを右サイドからセンタバックへとスライドするオプションがあるが、しかしながらヘアリヒ監督としては本調子にないヘンリクスを考慮し、できればギリシャ代表DFをこのまま右サイドバックで起用していきたい考えを抱いているようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報