ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月26日

ドイツ代表GKレノ、ビデオ判定が与える影響を不安視

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


土曜日にはDFBポカール2回戦デュッセルドルフ戦につづき、ケルンとのダービーが控えているバイヤー・レヴァークーゼン。kickerとのインタビューに応じたベルト・レノは、今季何かと話題となっているビデオ判定について苦言を呈した。

「現状をみるかぎりは、ビデオ判定技術については、苛立ちを覚えるものとなっていると思うね。正直、ダメージを与えていると思うよ。そもそも判断に5分もかかるなんてどうかな。ヴォルフスブルク戦ではギリギリで勝ったけど、でもまた取り消されるのではと不安だった」

そのため「素直に喜べなかったし、変な気持ちだったよ」と語ったレノは、ビデオ判定技術が試合に与える影響への不安を感じており、「気持ちの面も重要なものだからね。それが失われると、プレーに影響を与えてしまうものだよ」と言葉を続けている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報