ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月23日

W杯出場を夢見るも「現実的に考える」フォランド

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季はここまでリーグ戦10得点をマーク。RBライプツィヒのティモ・ヴェルナーと共に、ドイツ人選手としてブンデスリーガ最多得点をマークしているケヴィン・フォランド

だがそれでも今夏に行われるロシア・ワールドカップ参加を約束されているわけではない。自身のチャンスについて、同選手は「ドイツほどにそれぞれのポジションで、これほど多くの人材が揃っている国もそうないだろう。その点では現実的になってしまうものだよ」とコメント。

だがそれでもワールドカップ出場への希望を宣言しており、「これは僕の子供の頃からの夢だったんだ。大きな大会に出場することはスポーツ選手であれば当然だろう」と述べ、「レーヴ代表監督は僕のことを知っているし、どういうタイプかも理解してくれている。これまでにも代表には参加していたわけだし」と語った。

ティン・イェドヴァイの今後は不透明


週末の試合で勝利をおさめ、ついに順位を2位にまで浮上させた好調の裏で、レヴァークーゼンのルーザーとなった2人の選手がいる。ジョエル・ポーヤンパロティン・イェドヴァイだ。

ポーヤンパロについてはすでに、レンタル先さえ見いだせれば、契約を延長した上での移籍がすでに確定してはいるものの、度重なる負傷で居場所を失ったイェドヴァイについては、好条件のオファーさえ届けば話し合いの余地はあるものの、このまま残留して出場機会を模索していくことになるかもしれない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報