ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月26日

レヴァークーゼン、ニュルンベルクからGKキルシュバウム獲得

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バイヤー・レヴァークーゼンは火曜、トルステン・キルシュバウムを獲得したことを発表した。これにより来シーズンは、フランクフルトから獲得したルーカス・フラデツキー、ベテランGKラマザン・エズカンと共に、キルシュバウムも含めた布陣で臨むことになる。

「トルステン・キルシュバウムは、ブンデス1部2部で豊富な経験を有し、練習場でもポジティブな存在であり、他の選手を鼓舞する存在でもある」と、ヨナス・ボルトSDは評価。「我々はこの3人で良いGK陣を形成できたと自負しているよ」と胸を張った。

一方のキルシュバウムは、今回の移籍について「国内トップクラブからの素晴らしいチャンスだと思う。国際舞台にたつようなクラブへの移籍は、もちろん刺激的なものだよ。ここでは高い目標を掲げているし、常に全力を尽くすことが求められる」と語っている。

ここ3年はニュルンベルクに在籍していた同選手だが、1部昇格を果たした今季についてはフロリアン・ブレッドロウに先発の座を明け渡しており、今季いっぱいでニュルンベルクとの契約を満了。フォルシュハイム出身の31才のGKは、これまでホッフェンハイム、ザントハウゼン、コットブス、シュトゥットガルトにも在籍。さらにファドゥーツでもプレーした経験をもち、ブンデス1部20試合、2部では138試合で出場した経験をもつ。




  • ブンデスリーガ・各チーム情報