ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月15日

アランギスが再検査も安堵の結果に、ベララビは予想以上の回復

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏の準備期間において、チャールズ・アランギスはここまで膝の負傷につづき、アキレス腱にも問題を抱えており、あまり回復に進展がみられないことから改めて患部をMRI検査でチェックすることに。

 しかしその検査結果も、前回と同様に組織的な損傷は見当たらず、あくまでアキレス腱に炎症がみられるとのことで、クラブ側の発表によればこのまま順調にいけば、来週にもチーム練習に参加する見通しとのこと。

 またカリム・ベララビについては「予想以上の回復をみせている」と、ハイコ・ヘアリヒ監督は述べており、「高いテンポで練習をこなしている。切り返しの動きでも思ったよりあまり問題はない」とのこと。

 まだ試合形式には「リスクを考慮して」参加を見合わせているが、週末のドイツ杯初戦にも間に合う可能性があることも明かされた。なおベララビと右ウィングの座を争うレオン・ベイリーも、肩に負傷を抱えていたがすでに「フルメニューをこなせる」ところまでの回復をみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報