ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月29日

ASモナコ、レヴァークーゼンからヘンリクス獲得

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンとASモナコは火曜夕方、ベンヤミン・ヘンリクスを獲得することで合意に達したことを発表した。すでにkickerではメディカルチェックを受けていることをお伝えしていたが、21才のサイドバックは5年契約にサイン。

 移籍金額についてはモナコ側が1800万ユーロ、レヴァークーゼン側が2000万ユーロを求めていたものの、最終的に落とし所がどこになったかは不明のままとなっている。

 ヘンリクスは「早くチームになれるように、全力をつくすよ」とコメント。モナコのヴァシリエフ副会長は「才能あるDF」の獲得に喜びをみせ、「我々のもつクオリティがさらに増した」と語った。

  レヴァークーゼンで育成され、ユースチームからトップチームの主力に、さらにはドイツ代表からも選出されてコンフェデ杯優勝をかざるなど、飛躍を遂げた若手サイドバックだったのだが、しかしながら昨季から就任したハイコ・ヘアリヒ監督の下では確固たる役割を得るまでにはいたらず、さらに今夏にはヘルタ・ベルリンからミッチェル・ヴァイザーを獲得しており、先日ヘアリヒ監督はヘンリクスが移籍を申し出ていたことを明かしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報