ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月08日

ロイスに続き、若手ハヴェルツもドイツ代表を辞退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日のマルコ・ロイスに続き、レヴァークーゼンのカイ・ハヴェルツも今回の代表戦期間では、ドイツ代表参加を辞退していたことが明らかとなった。これはレヴァークーゼンが発表したもので、ハヴェルツは日曜日のフライブルク戦にて、膝に打撲を受けていたという。

 そのため同選手はこれから数日間の休養を余儀なくされるとのことで、先日のペルー代表戦でA代表デビューを果たしたばかりの19才のシューティングスターは、今回の代表戦では辞退することとなった。

 なお昨日にはボルシア・ドルトムントのマルコ・ロイスが膝の問題により辞退。さらにマンチェスター・シティのイルカイ・ギュンドアンが大腿筋の負傷のため、フライブルクのニルス・ペテルセンが肩関節の打撲のため辞退しており、これから迎えるネイションズリーグのオランダ戦、そしてフランス戦に向けて、レーヴ監督が追加招集を行うかどうかはまだ未定のままとなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報