ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月21日

危機的状況の最中に復活を遂げた、カリム・ベララビが練習復帰

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日に行われたドイツ代表vsオランダ代表戦では、幸か不幸かレヴァークーゼンの3選手の出場機会は巡ってこなかったが、しかしこの中にカリム・ベララビの名前は含まれていない。ここ数年間に渡った不振が続いていたウィンガーは、最後にドイツ代表から招集を受け、随分と時が経過してしまっている。

 その原因となったのは負傷でもあり、不調でもあったのだが、しかし28才となって迎えた今シーズン、再びその輝きを取り戻しつつあり、第8節で途中出場から得点を決めると、3試合続けて連続ゴール。さらにブレーメン戦では2アシストを記録するおまけ付きだ。またドイツ杯2回戦グラードバッハ戦、そしてELチューリヒ戦でも2得点をマーク。今のレヴァークーゼンとして最も怖い存在となっている。

 ただ大腿筋の負傷を抱えて休養を余儀なくされていたのだが、すでに「フルメニューに参加できる」と、ハイコ・ヘアリヒ監督。「今日は全ての負荷をかけ、多くの対人戦もこなした。ライプツィヒ戦ではチーム全体でこの数値が悪かったので、集中的にトレーニングしていてね」と説明し、復活を果たした元ドイツ代表ウィンガーの復調への喜びを期待感を示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報