ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月05日

フェラー氏「ボシュ監督のスタイルはレヴァークーゼン向き」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日金曜日にバイヤー・レヴァークーゼンの監督就任会見が行われたペーター・ボシュ監督。マネージャーを務めるルディ・フェラー氏はあらためて、1年半前にも招聘に動いた指揮官に対する評価を改めて強調、ドルトムントでうまくいかなかった理由、そしてレヴァークーゼンで期待することを語った。

…一昨年夏にもボシュ監督招聘に動いた:「我々が1年半前にも、ボシュ氏の招聘に動いていた事実は、何も隠し立てするようなことではない。当時から密接にコンタクトをとっていた。残念ながら結果的にはうまくいかなかったがね」

…ボシュ監督について:「ペーターと話し合いを重ねてきた。とてもコミュニケーションをはかる監督であり、また攻撃的な魅力的なサッカーを展開する指揮官でもある。それこそが、我々が後半戦で改善をはかっていきたいと考えている部分だ。そのスタイルのサッカーにとても相性の良さそうな選手が、うちには多く揃っている。おそらくは彼らにとってはプレーしやすくなるのではないか」

…監督交代に踏み切った理由:「前半戦では我々はドツボにはまってしまっていた。プレースタイルでの変化を求められている、そういう感覚を覚えたよ。ペーターは少し、ロジャー・シュミット前監督に似たスタイルももっている。おそらくは多くの選手たちにとって好都合だろう。それは彼らが若さとスピード、ボールをもった時に良いプレーをみせるからというだけでなく、その推進力という面も考慮してのことだ」

…ドルトムントでは半年もたずに交代:「ドルトムントでは後のほうでは、当初のようになかなかうまくいかなくなってしまった。ただドルトムント以外の場所では、彼はそのクオリティを発揮している。それはドルトムントほどの戦力ではなく、我々のような環境のなかでみせたものだ。そういったものをここでも見せて欲しい」

…ドルトムントでの難しさ:「ドルトムントでうまくいかなかった部分として、ペーターにも別の対処をすべきではなかったかというところはあるだろう。ただそもそもドルトムントではトーマス・トゥヘル監督の後ということで難しい状況にあり、さらにデンベレやオーバメヤンの事案、さらには多くの負傷者にも泣かされたところがあった」

…現在のレヴァークーゼンの状況とボシュ氏への評価:「そういった部分が、シーズンを通して戦っていくにはなかなかうまくいかなかったということだよ。その時のドルトムントと比較するならば、うちのチーム状況は遥かにマシだ。確かにドルトムントでは当初はとてもうまくいった。しかしそれでも困難な状況であったことにかわりはないし、それで彼のクオリティに対する評価を損ねるものでもないよ」

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報