ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月09日

レヴァークーゼン、3選手復帰迫るもスウェン・ベンダーは「ギリギリ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末には、降格の危機に瀕しているハノーファー96との一戦が控えているバイヤー・レヴァークーゼンだが、ペーター・ボシュ監督はそれでも警鐘を鳴らすと同時に、負傷離脱中の主力3選手の復帰への期待感を示している。

 「ほぼ全選手が練習に参加できている状況だ。ただスウェン・ベンダーとジョエル・ポーヤンパロだけが個人練習をしている。」とコメント。復帰間近のラース・ベンダーとカリム・ベララビについては「成り行きを見守る」としつつも、このまま順調にいけばオプションとなることだろう。

 ただフライブルク戦にて頭部を負傷したスウェン・ベンダーについては、「ギリギリだろう」と指揮官。もしも欠場となれば、アレクサンダー・ドラゴヴィッチが代役を務めることになるだろう。ハノーファー戦を前に、ボシュ監督は「ブンデスに簡単な試合など決して存在しない。そしてハノーファー戦も同じだ。確かに彼らは混乱に陥っているが、それは危険でもある。100%集中してこの試合に臨まないと」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報