ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月09日

レヴァークーゼン、ヨナタン・ターとスウェン・ベンダーに欠場の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 果たしてペーター・ボシュ監督は、今季最後となるホーム戦にて、センターバック陣の総入れ替えを余儀なくされるのだろうか?水曜朝ではヨナタン・ターが、胃腸炎のために練習を短めに切り上げており、23才の守備の要の出場が危ぶまれているところだ。

 さらにアウグスブルク戦では、スウェン・ベンダーが足首に問題を抱えて途中交代を余儀なくされており、引き続き次節でも出場が危ぶまれているところ。「様子見するしかない。」とボシュ監督は水曜午後に語った。

 代役としてまず考えられるのは、アレクサンダー・ドラゴヴィッチであり、もしも二人とも欠場となればティン・イェドヴァイの起用が考えられるだろう。ただ最近2試合で続けてに出場しているドラゴヴィッチに対して、イェドヴァイについては第27節から出場が遠ざかっているという不安材料はある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報