ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月18日

レヴァークーゼン、アヤックスのシンクフラーフェンに関心

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来季では欧州の舞台へと復帰することが既に確定しているバイヤー・レヴァークーゼンは、先日のケレム・デミルバイの獲得を発表したものの、さらなる補強を目指しているところであり、その視線の先ににオランダ、アヤックスのデーリー・シンクフラーフェンがいるようだ。

 現在レヴァークーゼンでは左サイドバックを本職とする選手はヴェンデウ一人となっており、すでにハンブルガーSVのダグラス・サントスへの関心も伝えられているところ。なおシンクフラーフェンは、ペーター・ボシュ監督がアヤックスで監督を務めていた時代に指導を受けた経験の持ち主でもある。

 そして左サイドバックを主戦場とするオランダU21代表は、ボシュ監督の下では中盤でも起用されるなどポリバレントさを兼ね備えており、2017年に膝に重傷を負ったことで1年以上の離脱を余儀なくされたものの、最近ではCL8強ユベントス戦で途中出場から好印象を残しているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報