ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月15日

レヴァークーゼン、フランス期待の若手ディアビ獲得

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りバイヤー・レヴァークーゼンは金曜、パリ・サンジェルマンからムサ・ディアビを獲得したことを発表した。以前にジモン・ロルフェスSDは、「全てのポジションは埋まっており、ピンポイントに補強していきたい」と話していたが、その穴埋めに移籍金1500万ユーロを投じる判断を下している。契約期間は2024年まで。

 スター揃いのパリ・サンジェルマンにあって、若干19才のムサ・ディアビは今季公式戦で実に34試合に出場(4得点7アシスト)。CLデビューも果たしており、同SDは「19才ながら、かなり先のところまできている選手だ」と評価。「パリ・サンジェルマンというトップクラブで見事な数字を残している」と言葉を続けた。

 「彼はフランス期待の若手選手であり、これから飛躍を果たしていく場として、ここレヴァークーゼンがベストの場所だと判断してくれた。非常にスピードに長けた選手であり、良いテクニックも持ち合わせたFWだよ。それらのクオリティは我々の考えにマッチしていることだろう」

 一方でディアビは「スペースの間での動き」など、自身の「プレーの質をさらに高めていきたい」と意気込みをみせており、さらに「ブンデスリーガは、欧州におけるベストの、そして力が均衡したリーグの1つだ」とコメント。

 「ドイツという国にとても興味がある。特にここでのサッカーについてね。そして素晴らしいスタジアムについても」と述べ、「もちろんレヴァークーゼンでプレーできるということは素晴らしいことだ」と喜びを見せている。

 なおレヴァークーゼンでは既に、ホッフェンハイムからケレム・デミルバイをクラブ史上最高額となる3200万ユーロで獲得、それに次ぐ今夏二人目の新規獲得選手ということになるが、さらにアヤックスから左SBデーリー・シンクフラーフェンの獲得も見込まれているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報