ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月17日

レヴァークーゼンのフェラー氏「アランギスの残留に希望を持っている」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日にレヴァークーゼンのサマーキャンプへと合流した、マネージャーを務めるルディ・フェラーSDは、来夏まで契約を残すチャールズ・アランギスについて「彼は基本的には、ここで居心地よくすごしているんだ。ただチリ人として故郷から遠く離れた環境にもある」とコメント。

 「だから、地元の方に戻ろうと、幾度となく思いを巡らせてしまうことは、むしろ当然のことなんだ。ただ我々としては全力をつくしていく考えだよ。代理人ともコンタクトをとっているし、いい話し合いが行えている」と、延長を目指した交渉を行なっていることを明言。

 「我々は前向きにとらえている。確かに現状では、来夏に彼が(契約満了で)チームを後にする可能性はあるよ。ただ我々は彼が、長期間にわたってここに残ってくれることを願っているところだ」と語った。

 2015年よりレヴァークーゼンにてプレーする30才のチリ人MFは、これまでブンデスリーガ84試合に出場して7得点をマーク。昨季も中盤の主力として、リーグ戦24試合に出場しkicker採点平均3.02と好成績をマーク。チームのCL復帰に大きく貢献している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報