ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月08日

テストマッチで不振のレヴァークーゼン、S.ベンダー「これを警鐘に」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここまでこの夏で行われて来たテストマッチでは、ペーター・ボシュ監督が思い描くようなサッカーをみせられず、明らかに精彩を欠いたプレーを露呈しているバイヤー・レヴァークーゼン。「目標は昨季後半戦のようなプレーをすること」と語った守備の要、スウェン・ベンダーは「自分たちのサッカーを、試合を通じてやり通すということ。決してある時間帯だけでなく」と言葉を続けた。

 先日行われた前哨戦、バレンシア戦での1−2での敗戦のみならず、カウンターでのもろさをみせているところであり「もちろん酷いミスをしてしまった。僕らのスタイルでは決して許されないような。あれでは相手がどこだろうと苦しくなる」と30才の元ドイツ代表。その理由としては新戦力がまだ慣れていないことと、多くの代表選手が遅れて合流したことなどもあり、「新戦力をうまくスタイルへと早く組み込むこと。システムでのやりやすさを感じてもらうことだ」との考えを示している。

 「完璧にとはいくはずがないけど、ただまだまだ課題は山積みで、練習をうまく活かしていかないと。」そう話すベンダーは、ドイツ杯初戦に向けて「難しい試合だろうね。とにかく集中して試合へと臨むこと。重要なことは、自分たちのサッカーを100%貫き通せるかだ。意地ででも持ちこたえなくてはならない」と意気込みをみせた。「ここのところのテストマッチを警告としないと。しっかりと、試合を通じて集中しプラン通りに戦っていくということだ」
 

 さらにジモン・ロルフェスSDは「良いスタートを切るチャンスだ。良い組み合わせ抽選だよ、ただあそこでの雰囲気は良く知っているがね」とコメント。かつて自身もまたアーヘンに在籍した経験をもち、10才のころに過ごしていたカイ・ハヴェルツとは異なり、プロ選手としてプレーしている。「素晴らしい雰囲気さ。満員の観客に包まれてね。まさにブンデスリーガでの戦いのようだろう」

 またペーター・ボシュ監督も警鐘を鳴らしており、「決して簡単な試合にはならないさ」と強調、「アーヘンは全力を尽くしてくることだろう。ただ我々も同じことだ。そうすることでクオリティを発揮するし、それは通常は相手よりも上回っているはずだからね」と語った。


 「準備期間では全ての選手が最初からスタートできたわけではない。2週間しか経っていない選手もいるし、まだ準備期間だ。つまりチーム全体でまだ準備期間にあるということ。息を合わせていかなくてはいけないし、全ての部分でいえることだ。そこにハードに取り組んでいる。さらに進化できるようにね。テストマッチの結果はよくなかったが、是が非でも勝利をおさめるようなコーチングを施していたわけでもない。進化させたい。自分たちのサッカーを貫徹するということ。しかし相手のこともしっかりチェックしている。ドイツ杯は重要だ。アーヘンであっても非常に真摯に臨む。」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報