ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月22日

デュッセルドルフ、我慢が求められるアダムスとコフナツキ

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 欧州への復帰を目標に掲げるヴェルダー・ブレーメンを相手に、残留を目標に掲げるフォルトゥナ・デュッセルドルフが、開幕から敵地へと乗り込み、そこで勝ち点3を奪って帰ってきたことは、まさに理想的な開幕ダッシュの形だということができるだろう。しかしながらフリードヘルム・フンケル監督は、パフォーマンス自体にはそこまで満足はみせておらず、「あの時のように多くのチャンスを与えてはいけない。さもなくば今回はもっと得点を決められることになるだろう」とコメント。

 それでも最近延長が発表されたマティアス・ツィマーマンとアンドレ・ホフマン、さらにカーン・アイハンと、ニコ・ギーセルマンといった4バックに関しては代わることはないだろう。、アフリカカップ参加で合流が遅れたカシム・アダムスが外れることは、すでにフンケル監督が明言した。おそらくはそれはダヴィド・コフナツキにも言え、ここのところはフルメニューに参加して火曜のテストマッチえフル出場してはいるものの、ブレーメン戦ではヘニングスとカラマンの両選手が活躍をみせたことからも、特に指揮官があえて変更を行うことはないだろう。

 その一方で指揮官は、特に「カイ・ハヴェルツは素晴らしい選手だ。みんなで止めないといけない。一人でどうにかなるものではないだろう」と警戒を示しつつ、「我々としては、コンパクトに構えることと、オフェンスを仕掛けて行くことの、そのバランスを見出していかなくてはならない。それができれば、レヴァークーゼンを相手にしてもチャンスは得られるはずだ」と語っている。

【デュッセルドルフの先発予想】Z.ステッフェン – M.ツィマーマン, アイハン, ホフマン, ギーセルマン – モラレス, ベイカー – J.ツィマー, スットナー – カラマン, ヘニングス

欠場:アンポマー (筋損傷), バルコク (肩の負傷), レンジング (肩の負傷), シュテーガー (十字靭帯断裂),


 またレヴァークーゼンでは、ボシュ監督との延長を目指していることが明らかとなっているが、「事実として、クラブからはすでに話し合いを臨んでもらっているし、首脳陣には満足感を示してもらっている。そしてそれは、私も同じことだ。」 と明かした指揮官は、「来週に時間があれば、追いついて席について話し合おうと言っている。それは私も希望するところだ。」と語った。

 一方で週末のデュッセルドルフ戦に向けては、「ポーヤンパロを除いて、全選手が起用できる状況にある。」と述べ、4年ぶりの開幕2連勝を目指し「明日は大きな前進を果たせる可能性があるし、ぜひそうしたいと思う。ただ簡単ではないだろう」とコメント。「両チームともに勝ち点3を確保している。少なくとも明日の対戦は、上位同士の対戦ということになるよ」と強調し、「ブンデスでの戦いでは、決して過小評価など許されない。デュッセルドルフもその例外ではない」と語った。

【レヴァークーゼンの先発予想】フラデツキー – ター, S.ベンダー, ヴェンデウ – アランギス, バウムガルトリンガー – L.ベンダー, ハヴェルツ, デミルバイ, ベイリー – フォランド

欠場:ポーヤンパロ (足の負傷),


  • ブンデスリーガ・各チーム情報