ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月23日

若手GK獲得と、ボシュ監督との延長を目指すレヴァークーゼン

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在バイヤー・レヴァークーゼンでは、現在守護神を務める29才ルーカス・フラデツキーのその後継者にもなりうる、伸び代をもったバックアップGKを模索しているところだ。

 そこで名前が浮上しているのが、ロシアU21代表でクラスノダールに所属する20才マトヴェイ・サフォノフなのだが、しかしながらレヴァークーゼンではより安価なオプションについても模索しているところであり、まだ獲得までのゴーサインは出されていない。

 その一方でレヴァークーゼンでは、今冬に就任し一躍CL出場権獲得にまで飛躍させたペーター・ボシュ監督について、2020年までとなっている契約の延長を求めているところであり、ジモン・ロルフェスSDは「当然、目標は、長期的に監督にのこってもらうことだ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報