ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月28日

先発目指す、ユリアン・ブラント「アピールしていきたい」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マリオ・ゲッツェ、トーマス・デラニー、アクラフ・ハキミ、ヤコブ・ブルーン・ラーセン、そしてユリアン・ブラント。ベンチに嬉しい悩みを抱えるボルシア・ドルトムントのルシアン・ファヴレ監督は、選手の疲労を考慮してのローテーションのみならず、先日のケルン戦のように流れが悪い展開を変えていくオプションとして活かし、そして終盤での逆転勝利へとつながった。

 「そのために、僕たちはベンチに座っているんだ。プラスとなっていくためにね」と語ったユリアン・ブラントは、「役割はしっかりと果たせたと思う。良い感覚を覚えているよ」と胸を張る。それは同時に、先発出場へのアピールでもあり、その時はすでに満ちたといえるだろう。トルガン・アザールが負傷のために欠場を余儀なくされることが明らかとなったためだ。

 「ベンチにいる誰もがプレーを望んでいる。これからもアピールをしていきたい」と意気込みをみせたブラント。ただ先日のケルン戦では、ボランチとしてプレーする姿が見受けられたが、このことについては「新しい経験だったね」とも明かした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報