ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月09日

北アイルランド戦に向け、必勝体制で臨むドイツ代表レーヴ監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に敵地ベルファストにて行われたプレスカンファレンスにて、ドイツ代表ヨアヒム・レーヴ・監督は「北アイルランドは、現在グループリーグにおいて首位に立っている。我々にとっての課題は、ここで勝利を収めるということ。勝ち点3が求められているんだ」と意気込みを示した。

 先日のユーロ予選オランダとの第2戦では、「我々としてはアグレッシブさを高めていかなくてはならない。対人戦におけるメンタリティが非常に不足していた」とコメント。「ここには本当にすごい、ここにしかない雰囲気というものがある。そのことを肝に命じておかないと」と述べ、「我々としては開始から試合を支配しそして比較的早くその雰囲気を打ち消していかないと」と強調。

 「我々の立ち位置は、先日のオランダ戦での2−4での敗戦により全く変わってしまった。ここのお気楽な気分できている者がいるなら、ピッチに立つ資格はない。決して失敗はゆるされない。ここでリアクションをみせる」と言葉を続けた。

 なおこのシステムについては、「北アイルランドのFWは一人しか配置しないし、我々としては3人ではなく2人のセンターバックが求められることだろう。」と明かしており、さらに「本来ならばプレーするはずだった」イルカイ・ギュンドアンについては、「強い炎症を抱えてしまっていた」とも説明。代わりには、「カイ・ハヴェルツが先発候補になる」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報