ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月19日

レヴァークーゼン、レオン・ベイリーが再負傷。更に1ヶ月離脱へ

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 筋損傷により離脱中にあったレオン・ベイリーが再び負傷。レヴァークーゼンではこれから、さらに長期離脱を余儀なくされることとなった。

 9月18日に行われたCL初戦ロコモティフ・モスクワ戦にて、筋損傷を抱えて4週間離脱する見通しであることが発表されていた、ジャマイカ代表。しかしながらメンバー入りが期待されていたフランクフルト戦にて、22才のオフェンシブプレイヤーは筋肉系の負傷を抱えたとのこと。さらに4週間の離脱が見込まれている。

 「辛い1ヶ月半を経てきたけど、でも僕は神様を信じている。きっと以前よりもさらに強くなって帰ってくると誓うよ。」と、自身のインスタグラムに掲載した。ただこれによりフランクフルト戦のみならず、来週火曜のCLアトレチコ戦、そしてブレーメン、パダーボルン、グラードバッハ、そしてヴォルフスブルクとのリーグ戦でも欠場することになった。


 なお今回のフランクフルト戦では、前回は6点を奪い大勝を収めていたものの0−3と返り討ちに。ケヴィン・フォランドは「開始20分は酷いものだったし、得点をプレゼントする格好となった」と、DAZNに対してコメント。特に「コスティッチはとらえきれず、「こういったことを繰り返してはいけない」と述べ、CLでの戦いに向け「CLで巻き返すほぼラストチャンス」へ意気込みをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報