ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月07日

ドイツの至宝、カイ・ハヴェルツ「海外でもやれると思う」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンが誇る期待の若手MFカイ・ハヴェルツ。契約を2022年まで残すものの既にクラブ首脳陣は、この夏の時点からラストイヤーになるとの見方も示しており、その動向についてはシーズンを通して憶測が流れ続けることになるだろう。

 その一方で20才のドイツの至宝はこれまで、自身の将来についてはあまり口にすることを好まなかったのだが、しかしながらスペインの『マルカ』紙によれば、「国際経験は十分に積んだと思う」と述べ、「ドイツから出て、海外のクラブでもやれるという、自信はある」と語ったという。

 マンチェスター・ユナイテッドをはじめとするビッグクラブからの関心も寄せられているところではあるが、「今の所は、良いシーズンを過ごすことに集中している」とも述べており、さらに今冬での移籍に関しては既に、kickerに対してフェラーSDが否定的な発言を行なっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報