ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月19日

レヴァークーゼン、主将ベンダーとシンクフラーフェンの復帰が迫る

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週土曜日にフライブルクとの一戦がひかえている、バイヤー・レヴァークーゼン。それからはチャンピオンズリーグでの戦いと過密スケジュールが続くことになるが、この回の週末からは主将ラース・ベンダーが戦列復帰を果たすことができそうだ。

 大腿筋を負傷していた同選手だが、ペーター・ボシュ監督は「順調にきているよ」とコメント。月曜日には練習参加する姿も見受けられており、今回のホーム戦から先発メンバーに名を連ねることになるだろう。

 また逆サイドの左サイドバックからも復帰の目処が立ちつつあり、大腿の筋と腱を負傷していたデーリー・シンクフラーフェンが「本来よりも3日遅れたけどね。病気になってしまったものだから」と指揮官は明かしており、「すぐにチーム練習復帰のはずだった」ものの今は個別の調整。そのため遅くとも、火曜日のチャンピオンズリーグからの復帰とことになるだろう。

 一方で前節に大腿筋に筋損傷を抱え、ドイツ代表参加を辞退していたカイ・ハヴェルツに関しては、筋肉系の負傷ということで予想が難しいことをボシュ監督は強調しており、決して酷いものというわけではないが、しかしいつになるかはわからないよ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報