ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月25日

レヴァークーゼン、ミッチェル・ヴァイザーが靭帯断裂で年内全休

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンは年内残り試合を、ミッチェル・ヴァイザーを欠いて臨むことを余儀なくされた。同選手は週末に行われたSCフライブルク戦にて、前半20分に相手DFギュンターをファウルで止めた際に負傷。FKは危険な位置だったが事無きを得たものの、ヴァイザーはそのまま交代を余儀なくされている。

 試合後には足首が酷く腫れ上がっていたヴァイザーは、日曜日に受けた精密検査の結果、靭帯の断裂が確認。そのため年内の残り試合は全休を余儀なくされることとなった。そのためここのところ筋肉系の問題を抱えていたラース・ベンダーが、右サイドバックとして期待されるところであり、確かに守備のオールラウンダーであるレトソスも控えてはいるものの、1年以上実践から遠ざかっているという不安も。また攻撃的オプションならば3バックにして、ベララビの起用も考えられるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報