ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月02日

レヴァークーゼン、ボシュ監督と延長の用意。パウリーニョは武者修行か

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2018年12月に就任して以来、バイヤー・レヴァークーゼンにてちょうど1年を戦い終えたばかりのペーター・ボシュ監督。下位争いへと絡んでいた状況から脱却をはかったのみならず、チャンピオンズリーグ復帰へと導いた指揮官に対しては、「我々はペーターに非常に満足しているよ」と、ジモン・ロルフェス氏は強調。契約延長に向けての話し合いの準備も進んでおり、「みんなが休暇から戻ってきたら、そのテーマについて取り組んでいく」との考えを示した。できることならば、後半戦がはじまる前までには、クリアにしておきたいところだろう。

 その一方で飛躍が期待されながらも今季6試合のみの出場にとどまった、19才のMFパウリーニョについては、定位置争いでの厳しさから実戦経験を積む環境の確保のため、レンタルによる武者修行の可能性がある模様。なお今冬のスペイン・ラ・マンガにおけるキャンプメンバーに同選手の名前は含まれてはいないが、これはあくまでブラジル代表の一員として、東京五輪予選への参加が理由のため。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報