ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月22日

シンクフラーフェンが別メニューも、金曜から復帰予定

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日に行われたバイヤー・レヴァークーゼンの練習では、負傷離脱中のチャールズ・アランギス、ブラジル代表として五輪予選参加中のパウリーニョと共に、前節のパダーボルン戦で負傷交代を余儀なくされていた、デーリー・シンクフラーフェンの姿が見受けられなかった。

 試合の終盤で守備にいった際に負傷し、その10分後にピッチを後にしていた24才のオランダ人については、「決してひどいものではないんだ。あのプレーでの足への張りを訴えていたんだ」と説明。水曜日でも回復に向けた調整を行っていくことになるが、ただ週末の出場にむけては金曜復帰時の回復経過を見守ることになる。
 
 膝の負傷により長期離脱も経験し、古巣アヤックス時代では実戦から長く離れた時期もあった同選手については、そのアヤックス時代に指導していたボシュ監督の下で左サイドバックの定位置確保に前進していたものの、10月に大腿を負傷し2ヶ月の離脱。前節こそ先発出場していたが、出場停止あけとなるヴェンデウの後塵を拝する状況となった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報