ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月31日

禁断の移籍、レヴァークーゼンが期待の16才、ヴィルツをケルンから獲得

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りバイヤー・レヴァークーゼンは、将来を嘱望されている期待の16才、フロリアン・ヴィルツを1.FCケルンより獲得したことを発表した。ケルンのユースセンター代表ハイドリヒ氏は、「フロリアン・ヴィルツは、非常に才能あふれる選手であり、我々は約10年にわたり育成してきた。彼の獲得に向けて、我々は密に努力してきたし、ここでの成長に向けた指針も明確に提示してきた。しかしそれでも他クラブを選択した彼の決断は、受け入れなくてはならない」と、辛い心情を吐露している。

 だがこの移籍に疑問の声を投げかけているのが、同じノルトライン・ヴェストファーレン州に位置する、ボルシア・メンヒェングラードバッハだ。マックス・エベールSDは「このような事は目にしたくはなかった」と、ヴィルツの今回の移籍についてコメント。「我々の間では(若手を奪い合わない)協定があり、それを遵守してほしかった。少しでも落ち着いた環境を保つために。これほどクラブが密集する地帯で奪い合いが起きれば、多くの問題を生み出しかねないよ」と言葉を続けた。

 昨夏にU17優勝を果たした攻撃的MFとケルンとの契約は今季いっぱいまでとなっており、「明らかに」レヴァークーゼンで主力をはれるだけのポテンシャルが備わっている(エベールSD)、得点力とその存在感が高く評価されるドイツU17に対しては、海外のクラブからの関心も寄せられていた。
 

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報