ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月07日

ハヴェルツ「ドルトムントの失意」と「ホームの後押し」にも期待

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ杯16強では、深い位置に構えてきた2部VfBシュトゥットガルトを相手に、なかなかゴールを割れず、最終的には2−1で勝ち抜けに成功したバイヤー・レヴァークーゼン。カイ・ハヴェルツは、先週末のホッフェンハイム戦での敗戦も引き合いに出し「最近の2試合で僕たちは、決してそこまで自分たちの良いサッカーをみせているわけではない。」と語った。

 だがそれでも、ブンデスリーガ2位ライプツィヒ、そして3位のドルトムントが敗退したことにより、5月に行われる決勝進出の夢はより現実味を帯びることに。「もちろん、それは僕たちの夢だよ」と、20才のドイツ代表MF。

 そしてそのドルトムントとの対戦が、今週末に控えているところだが、 「僕たちとしては、攻撃的に良いサッカーを展開していくことが目標となる。それは土曜日の試合でもとても重要なことで、今回はできればまた、良いサッカーをみせたいところだね」と意気込みをみせた。

 なおドルトムントには、昨季までチームメイトとして戦い、そして仲の良いユリアン・ブラントが在籍。「火曜の試合後にメッセージを送った。それで十分だろう」と笑顔を浮かべたハヴェルツは、「サンチョとハーランドも悪くないけど、でも今はブラントがドルトムントのベストプレイヤーだと思うね」と強調。

 そして「レヴァークーゼンvsドルトムントは、常に熱い戦いを繰り広げてきた。ただここ数年のアウェイ戦では、あまり良い所をみせられてはいないね。でも今回は僕たちのホーム。それは後押しとしたいところだよ」との見方を示しており、さらに「火曜の試合のことも、ドルトムントの頭の中にまだ残っているだろうし」と、言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報