ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月31日

レヴァークーゼン、独U21GKグリル獲得間近に

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンはブンデス3部1.FCカイザースラウテルン所属、ドイツU21代表レナルト・グリルと移籍で合意に達したことが明らかとなった。kickerが得た情報によればその移籍金額は、200万ユーロを超える金額となる模様。

 同選手に対しては、ルーカス・フラデツキーのバックアップとしての役割が期待されているところであり、4年間の契約期間の間で30才GKの後継者として、その背中を見ながら更なる成長を目指していくこととなる。
 
 マインツにて育成され、U16代表から世代別のドイツ代表で選出され続けてきたグリルは、これまでドイツU21代表としては2試合に出場。身長は191cmで、昨年1月からカイザースラウテルンの先発GKを担ってきた(ブンデス3部45試合出場)。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報