ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月21日

レヴァークーゼン、遂にアランギスと延長へ。ベララビ残留も希望

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来シーズンも引き続き、チャールズ・アランギスはバイヤー・レヴァークーゼンのユニフォームを着てプレーすることになりそうだ。チリ代表として78試合の出場経験をもつ31才のMFは、今季も引き続きレヴァークーゼンの中盤を牽引。リーグ戦18試合に出場してkicker採点平均3をマークしているところ(1得点)。

 しかしながらただその一方で同選手との契約期間は今季いっぱいまでとなっており、これまでにもレヴァークーゼンはアランギスとの延長を目指してきたが、それが遂に実を結び契約延長で既に合意している模様。あとはサインをするだけとなっているようだ。

 その一方でレヴァークーゼンは、主力級の選手7名が契約を来季まで残す事態にも陥っており、その中の選手の一人がカリム・ベララビ。マネージャーを務めるフェラー氏は「話し合いを行っている」ことを認めており、ベララビ自身もクラブに愛着をもっていることから長期契約の可能性もあるだろう。ただ別の見方をするならば、ベララビにとってはキャリアで最後となる大型契約のチャンスでもあり、イングランドからの関心も寄せられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報