ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月30日

厳しいサール争奪戦を予想する、レヴァークーゼン

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これまですでにバイヤー・04・レヴァークーゼンがフランスU21代表マラング・サールに対して関心を抱いていることは報じられていることだが、ただ同選手とニースとの契約状況については不透明なところがあり、どうやら今夏には移籍金なしで獲得する事が可能ともみられている。

 ただそういった背景からサールに対しては、レヴァークーゼンの他のクラブからの関心も寄せられているところであり、コロナ危機の最中も早期の対応が求められることに。それはジモン・ロルフェスSDも認めるところで、仏U21代表MFの獲得は決して一筋縄ではいかないとの見方を示した。

 センターバックや左SBもこなす20才のレフティについては、昨夏にボルシア・メンヒェングラードバッハが獲得へと動いたものの、2000万ユーロとも言われる移籍金がネックとなり、最終的にベンセバイニを獲得。今季はニースにとどまり、仏1部18試合に出場、ヨーロッパリーグでは7試合でプレーしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報