ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月06日

レヴァークーゼン、ニクラス・ロムと2022年まで延長

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りバイヤー・レヴァークーゼンは、契約を今季いっぱいまで残していたニクラス・ロムとの契約を、さらに2年間延長となる2022年まで更新することで合意に達したことを明らかにした。2008年からレヴァークーゼンに在籍し、これまで3度に渡りレンタル移籍(3部ハレシャーとミュンスター、2部ザントハウゼン)を経験してきた26才のGK。

 ジモン・ロルフェスSDは「ニクラスは長年に渡りレヴァークーゼンに在籍した選手であり、自慢のゴールキーパー陣の一端を担ってきてくれた。彼がどの練習でもみせるその姿勢、そしてクラブとの一体感という点において素晴らしいものがある」と評価。

 一方でロムは「クラブからの信頼の現れだと思う。自分の役割はしっかりとわかっているし、大きな意欲とモチベーションをもって果たしていきたい。そしてこれからもその期待に応えていきたい」とコメント。確かに現在ナンバー2GKのラマザン・エズカンは、来季よりユースチームへと移動するが、ただレヴァークーゼンはドイツU21代表レナルト・グリルを獲得。来季も引き続き3番手を務めることが見込まれている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報