ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月18日

レヴァークーゼン、主将ベンダーがブレーメン戦を欠場

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンはリーグ戦再開初戦となるヴェルダー・ブレーメン戦において、主将ラース・ベンダーを欠いて臨むことを余儀なくされた。2月終わりに行われたヨーロッパリーグのポルト戦にて、同選手は大腿筋を負傷して交代を余儀なくされており、さらに練習にて再び負傷。代役はミッチェル・ヴァイザーが見込まれる。ペーター・ボシュ監督は「彼にとっても、我々にとっても残念なことだ」と日曜の会見で語り、再び離脱へと入った31才に対して「長期離脱とはならないように願っている」と語った。

 またレヴァークーゼンでは主将と共に、チームのオフェンスを牽引するケヴィン・フォランドも欠場。同選手は靭帯結合部に断裂は見られるとのことで、そのため指揮官は17才のフロリアン・ヴィルツをメンバーへと加えている。「彼はとても若い。ただ17才でトップチームの中で揉まれているのだから、いい選手じゃないはずはないだろう」との評価を口にしている。「非常にいい選手だ。確実にね」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報