ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月09日

レヴァークーゼン、ハヴェルツの起用は「リスクをおかさない」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日に行われるブンデス4部相当、1.FCザールブリュッケンとのドイツ杯準決勝では、バイヤー・レヴァークーゼンのペーター・ボシュ監督は「これまでにブンデス1部を2クラブを撃破してきたんだ。そこにはリスペクトを持たなくては」と。コメント。「そして実際に我々はそれを持っている」と強調しており、そのため「最近出場していない選手へのプレーの機会にあてるつもりはない。シーズンの終盤にあるが、それはしない。」と語った。

 しかしそれでも週末に対戦した王者バイエルン戦にて、レヴァークーゼンはベストメンバーで試合へと望んでおり、今回の選手起用については「フレッシュさが重要なポイントにもなる」と、指揮官。数人の入れ替えの可能性についても言及している。ただはっきりとしていることは、足を負傷しチーム練習参加を見送っているラース・ベンダー、つまさきを痛めたダリー・シンクフラーフェンは欠場。さらにカイ・ハヴェルツについても「時期尚早でプレーはしないだろう」とボシュ監督は説明している。

 確かにフライブルク戦以来、膝に問題を抱える若きドイツ代表MFについては、最終的に週末のバイエルン戦では欠場したものの、無理を押せばプレー自体は可能のようで、「ただ我々としては、そういったリスクを避けていきたいと思っている。」とボシュ監督。特にレヴァークーゼンでは、リーグ戦残り4試合でCL出場権もかかっているところであり、そこでハヴェルツの力は決して失いたくはないだろう。 

【先発予想】
ザールブリュッケン:バッツ – バーリラ, シュルチ, ウアフェロ, Mar.ミュラー – ツェルナー – ペルデダイ, ツァイツ – メンドラー, イェニッケ – ヤコブ

レヴァークーゼン:フラデツキー – ヴァイザー, タプソバ, S. ベンダー, ヴェンデウ – アランギス, バウムガルトリンガー – ベララビ, パウリーニョ, ディアビー – アラリオ
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報