ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月23日

レヴァークーゼン、パウリーニョとレンタル復帰組不在で再始動へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 明日の木曜朝に2度目となるコロナ検査を経て、いよいよ8月6日に行われるEL16強セカンドレグ、グラスゴー・レンジャーズ戦に向け再始動する、バイヤー・レヴァークーゼン。先日には期待の17才、フロリアン・ヴィルツがヨーロッパリーグ準々決勝以降の新メンバーとして追加登録されたが、さらに先月いっぱいで契約が切れているラマザン・エズカン、そしてアドリアン・スタンイールウィックツも、共にEL終了まで契約延長することで合意した。

 その一方でレヴァークーゼンでは、パウリーニョは引き続き離脱を余儀なくされることになる。期待のブラジル人MFは、シーズン終了間際に前十字靭帯を断裂しており、さらにアウグスブルクではパウリーニョに加えて、昨季にレンタル移籍し出場資格のない、ティン・イェドヴァイ(アウグスブルク)、パナギオティス・レトソス(シェフィールド)、そしてジョエル・ポーヤンパロ(ハンブルク)には引き続き休暇のために、不在ということになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報