ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月01日

ボシュ監督が、カイ・ハヴェルツの状況について言及

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここのところ、カイ・ハヴェルツに関する話題に事欠くような日はない。ただそんな中でも21才の若者が、決して自らを見失うようなことにはならないと、所属するバイヤー・レヴァークーゼンのペーター・ボシュ監督は確信している。「カイとはよく話をしており、例えばここのところの噂など、どう影響を受けるのか感じようとしている」と明かした指揮官は、「カイは全てのことに対して、非常にうまく対処することができている。それを幾度となく知ることになったよ」と言葉を続けた。

 果たしてドイツ期待の新星は、将来的にはロナウドやメッシのようなトッププレイヤーの仲間入りを果たせるほどの、安定感を持ち合わせているのだろうか?「それは誰にもわかるものではないよ。ただドイツでは、まるでそのように扱われているとは思うね。だからカイだけの話題に上るような時には抑えようと心掛けているところさ。うちには素晴らしい選手がたくさんいる」と述べている。

 その上でボシュ監督は、ハヴェルツ自身が何を望んでいるかを知っているとした上で、「もちろん、それを私が口にすることはない。それは彼の問題だからね」と強調。もはや同選手がチェルシーへの移籍の流れにあることは周知のことだが、その成立時期に関しては「なんともいえない。来週かもれしれない、今日かもしれない、まったくないかもしれない」と語った。なお具体的なオファーについてはまだ、レヴァークーゼンには届いていないと見られているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報