ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月20日

レンタル復帰のポーヤンパロ、レヴァークーゼンは売却の方針

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部ハンブルガーSVのレンタルが終了し、再びレヴァークーゼンへと復帰した、ジョエル・ポーヤンパロ。この夏レヴァークーゼンでは、CFとしてフォランド離脱の穴を埋めたカイ・ハヴェルツに加え、フォランドと定位置を争う存在のルーカス・アラリオについても移籍を目指している状況にある。加えて来夏まで契約を残すフォランド自身、去就は不透明のままだ。

 だがそれでもなおこの状況が、フィンランド代表FWへの追い風とはならないようだ。レヴァークーゼン首脳陣はブンデス1部19試合で7得点、2部では昨季の14試合で9得点を含む91試合で27得点をマークした同選手について、先発ともバックアップ候補としてもみておらず、むしろ売却の流れにある模様。なおポーヤンパロ自身は1部のリーグでのプレーを望んでいるとみられる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報