ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月28日

フォランドのASモナコ移籍迫る、逆にバディアシル獲得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既にkickerではケヴィン・フォランドに対する、フランス1部ASモナコからの具体的なオファーについてお伝えしていたが、2016年にTSGホッフェンハイムから移籍金2000万ユーロで獲得した同選手について、今週クラブ間での交渉が行われたことも明らかとなっている。

 ドイツの大衆紙ビルトではその中で、移籍金2500万ユーロで決着をみる見通しを伝えており、これから契約最終年度に入ることを思えば、これは誇れる評価とも言えるだろう。ただkickerが得た情報によればレヴァークーゼンは当初、28歳のFWについて移籍金3500万ユーロから交渉に入っていたようだ。

 その一方でレヴァークーゼンでは、そのASモナコに所属する若手センターバック、ブノワ・バディアシルの獲得を目指している模様。しかしながら昨夏にはウルヴァーハンプトンからの4000万ユーロを超えるオファーを断ったとも。さらに今週にはマンチェスターUからの2500万ユーロにも首を横に振ったとも伝えられ、果たしてボシュ監督が望む左利きのCB獲得にむけ、コロナ危機による値下げが有り得るかもわからない。
 
 ただ今回フォランドを売却できるとなると、ASローマから獲得を目指しているとされるパトリック・シック獲得にむけて、ちょうど2500万ユーロと言われる移籍金の用意が整うことになり、今夏の移籍が有力視されているカイ・ハヴェルツを巡る移籍交渉にむけて、レヴァークーゼンとしては余裕をもって臨むことも可能となるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報