ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月04日

ベンダーがレヴァークーゼンの主将を返上。後任はアランギス

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 5年間に渡りバイヤー・レヴァークーゼンの主将を務めてきたラース・ベンダーが返上することが明らかとなった。同選手はクラブ公式Twitterにて、「一選手に立ち返り、自身の役割と体調管理に集中していきたい」とコメント。

 「主将というものは定期的にピッチに立てなくてはならないものだと思う」と、言葉を続けている。「昨季の18試合出場という結果では、僕は果たせているといえないと思う」

 なおクラブ側によればベンダーの要望に応じており、新キャプテンとして2015年からレヴァークーゼンに在籍している。チリ人MFチャールズ・アランギスが後任として就任するとのこと。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報