ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月05日

カイ・ハヴェルツのチェルシー移籍が発表

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りFCチェルシーはティモ・ヴェルナーに続くもう一人のドイツ代表、カイ・ハヴェルツも獲得したことを金曜日に発表した。契約は2025年まで。

 クラブ公式にて、レヴァークーゼンのルディ・フェラー競技部門代表は「カイは10年間、そのうちトップチームでは4年に渡りプレーしてきた。その間で彼は我々と共に国際舞台へと飛躍を遂げ、その若さで素晴らしい結果を残している」とコメント。

 「彼はすでにワールドクラスの選手であり、レヴァークーゼンにおける最高傑作の一人であることに間違いない」と語った。「これからは過酷なプレミアリーグでも、彼がいかに素晴らしい選手であるかを証明してくれるだろう。」

 さらにジモン・ロルフェスSDは、「当然ながら競技面という観点でみれば、大きな損失だ。カイはプレミアのみならず、ドイツ代表でも活躍できる逸材。」と述べ、「彼は間違いなくイングランドの地でも、最高レベルでの活躍をみせ、レヴァークーゼンからいかに若手選手が飛躍できるか、その印象的な一例となってくれるはずだ」とエールを送る。

 21才の攻撃的MFの獲得にあたっては総額1億ユーロという、このコロナ危機にあってレヴァークーゼンの要求を唯一満たせたのがFCチェルシーであり、そこでは最近もドイツ代表で共に戦ったアントニオ・リュディガー、そして前述のヴェルナーと再会することに。なおドイツ人選手としては歴代最高、ブンデス史上ではデンベレにわずかの差で2番目となる高額取引となった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報