ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月07日

ユリアン・ドラクスラー、レヴァークーゼンの有力候補に?

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かにバイヤー・レヴァークーゼンの首脳陣は、先日にFCチェルシーへと移籍したカイ・ハヴェルツの穴埋めを、単純に選手1人の入れ替えで行わない方針を明らかにしている。だがそれでも後任候補の名前が後を絶たれることはない。

 今度はフランスのスポーツ紙”Le10Sport”が報じたところによれば、パリ・サンジェルマンに所属するドイツ代表、ユリアン・ドラクスラーが有力な獲得候補として浮上しているという。

 最近ではドイツ代表ヨアヒム・レーヴ監督が、所属するクラブで定位置確保に苦しむ同選手と話し合い移籍を進めていたことが明らかとなっているが、果たしてドラクスラーはどのような決断を下すのか。パリとの契約は2021年まで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報