ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月23日

アトレチコのアリアス、レヴァークーゼンのメディカルチェックへ

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アトレチコ・マドリーよりサンティアゴ・アリアスが、バイヤー・レヴァークーゼン移籍間近にまで迫っている。コロンビア代表DFは本日水曜日にもメディカルチェックを受けて、買い取りオプション付きのレンタルにて加入することになるようだ。

 すでに日曜日の時点で同選手の獲得に向け前向きな流れにあることはお伝えしていたが、今回の契約に含まれる買い取りオプションの行使義務については、10試合の出場時点で発生する模様。レンタル料と移籍金による合計金額は、1000〜1200万ユーロとなる見込み。

 特にレヴァークーゼンの右サイドバックでは昨シーズン、主将のラース・ベンダーが幾度となく負傷離脱を余儀なくされており、その補強をスピードに長けた、コロンビア代表として53試合に出場した経験をもつ28才に託した格好だ。

 昨季アリアスはアトレチコにて14試合で先発出場、合計出場試合数は18にとどまるなどトリッピアーのバックアップに甘んじており、代表でのポジション確保のためにもクラブでのレギュラー獲得を視野に入れているところ。

 その一方でレヴァークーゼンでもミッチェル・ヴァイザーにとっては、更なる苦境へと立たされることを意味する。実際にボシュ監督はここのところ、ベンダーの代わりにドラゴヴィッチを起用しており、開幕戦ではベンチ入りさえ果たせていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報