ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月20日

レヴァークーゼン、代表参加のタプソバからコロナ陽性

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 エドモンド・タプソバは、少なくとも週末に行われるブンデスリーガ第8節において、所属するバイヤー・レヴァークーゼンの一員としてプレーすることができない。ブルキナ・ファソ代表参加から戻ってきた同選手だが、コロナ検査の結果で陽性が確認されておりすでに隔離生活へと入っているという。

 レヴァークーゼンの発表によればこの検査は、タプソバが到着した直後にレヴァークーゼンの研究所にて行われたものであり、普段のようにバイアレナで行われたものではないという。そのため21才のセンターバックが他のチームメイトと接触する機会はなく、「今後の対策はすべて、ケルンの保険当局と協議して行なっていく」とコメント。ただこれで来週のELでの欠場も確実となった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報