ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月16日

無敗の首位レヴァークーゼン、デミルバイがコロナ感染から復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 カイ・ハヴェルツ、ケヴィン・フォランドが今夏を後するも、リーグ3位の得点力を誇り、失点数でも首位ライプツィヒと1差の10失点。開幕から11試合が経過してヴォルフスブルクと共に無敗を継続し、遂に前節バイエルンを交わして首位浮上をも果たした、バイヤー・レヴァークーゼン。

 これから迎える1.FCケルン戦でも、この快進撃を続けていきたいところであり、そのための自信も備わっているところ。「もちろん相手次第という部分もあるが、最終的には自分がどうしていくかということが重要だよ」と、ペーター・ボシュ監督。なおこの試合からはコロナ感染から回復した、ケレム・デミルバイが復帰。

 だが膝の関節胞を損傷したスウェン・ベンダーについては「まだ不十分だ。練習をこなせていない」と説明。週末の欠場も見込まれているところであり、アキレス腱の問題を抱えるチャールズ・アランギスについては、年内復帰も否定。「来年の復帰時期もみえていない」と明かした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報