ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月24日

レヴァークーゼン、希望の星フロリアン・ヴィルツと延長

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りバイヤー・レヴァークーゼンは、フロリアン・ヴィルツとの契約を前倒しで、2023年まで延長することを発表した。フェラー競技部門取締役は、17才の攻撃的MFについて「フロリアンは我々の大きな期待を加入初年度から凌駕している」と評価。「ブンデス、ELの舞台で自信に満ちたパフォーマンスをみせる姿は印象的であり、このまま成長をつづけていくならば彼の前には非常に素晴らしいキャリアが待っていることだろう」と言葉を続けた。

 一方のヴィルツは、「早い段階でこれほどの選手層の厚さを誇るチームへ溶け込めて行ったことは、僕にとってとてもモチベーションになった」と述べ、「コーチ陣とチームメイトが、本当に温かく迎え入れてくれたよ」と感謝。「素晴らしいチームに出会えたし、これからもこのまま一緒に過ごして、そして結果も手にしていきたい。良い流れにあると思うし、それは日々の練習で実感しているものでもある」と語っている。

 ハヴェルツ・フォランドらが去るなどオフェンス陣の入れ替えがはかられた中で、今季は一時はバイエルンを交わし首位に立つなど好調なシーズンを過ごすレヴァークーゼンにあって、すでに欠かせない存在となっている17才のヴィルツだが(リーグ戦12試合で2得点4アシスト、EL6試合で2得点)、しかしながら年齢の関係上2023年以上の契約を結ぶことはできない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報