ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月29日

レヴァークーゼン、ヴェンデウからコロナ陽性反応が確認

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これからバイヤー・レヴァークーゼンはしばらくの間、ヴェンデウ不在の中で新年を迎えることとなった。月曜日にクラブ側より発表されたところによれば、27才のブラジル人ディフェンダーは、クリスマス休暇を利用して母国で過ごしていたものの、その後にドイツに戻ってきて受けたコロナ検査の結果、陽性反応が確認。

 「特にレヴァークーゼンのトップチームの選手たちや、コーチ陣たちとの接触は一切なかった」との報告もなされており、すでにヴェンデウは隔離生活へと入っているとのこと。これにより今季はシンクフラーフェンとの定位置争いで苦戦を強いられている同選手は、土曜日に行われるフランクフルト戦では欠場となる可能性が極めて高い。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報