ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月02日

レヴァークーゼン、左SB2選手に加えL.ベンダーも欠場

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨年末のブンデスリーガ最終戦では、王者バイエルン・ミュンヘン戦に敗れたことで首位陥落のまま、年越しを迎えることとなったバイヤー・レヴァークーゼン。確かに「失望は非常に大きかった。同じレベルでバイエルンと戦えていただけにね」と、悔しさをにじませたペーター・ボシュ監督だが、しかしながら「自信は失っていないし、それはバイエルン戦後にも変わるものではない」とも強調した。

 ただそれでも年明けに迎えるアイントラハト・フランクフルト戦については、「難しい試合になる」と見ているところであり、「とりわけフランクフルトでの試合はね。昨年では自分たちも良いサッカーができずに、0−3と完敗を喫しているんだ」と言葉を続けている。「とにかく集中して試合に臨まなくてはならないよ」

 だがそれにあたってコロナ感染が共に確認されてしまった二人の左サイドバック、ヴェンデウとシンクフラーフェンの穴埋めにも対応しなくてはならない。「これは残念なことだよ」と語った指揮官は、「いずれにせよ対応していかないと。単純に入れ替えるか、システムを変えるか」と述べているが、ただこの試合ではラース・ベンダーも「間に合わない」という。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報