ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月11日

レヴァークーゼン、マンCの18歳ブラーフにも関心

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンにおいて、今冬の移籍市場における補強ポイントとなっているのがウィングだ。ルディ・フェラー競技部門取締役も「いくつか、考え始めているところはある」とコメント。

 その獲得希望リストに名を連ねているとみられているのが、ノアシェラン所属の18才ウィンガー、カマル・ディーン・スレマナと、同じく18才のウィンガーで、こちらはマンチェスターCに所属する、ジェイデン・ブラーフである。

 今のところはまだ、特に具体化しているということは、両方のケースにおいて共にみられてはいないようだが、しかしながらレヴァークーゼンにおいてこのポジションにおける補強への緊急性は明らかなことだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報