ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月23日

先発復帰のアランギス、完調までは「まだ時間がかかる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントとの注目の一戦で勝利をおさめ、ここのところ続いた不振にひとまずのピリオドを打った感のある、バイヤー・レヴァークーゼン。

 特にこの試合ではチャールズ・アランギスが、昨年10月中旬以来となる先発出場を果たしており、「期待したよりも高いレベルに戻っていた」と、ペーター・ボシュ監督はコメント。

 「復調までそれほど多くの時間を要しないタイプ。スプリンターというよりマラソンランナーのようなもの。負荷の種類が違うんだ」と述べており、まだフル出場を果たすまでには多少の時間がかかるものと見ているところだ。

 またレヴァークーゼンではヴェンデウ、そしてユリアン・バウムガルトリンガーが離脱、さらに長期離脱明けで週明けにチーム練習に復帰したばかりのエクセキエル・パラシオスもまた、スウェン・ベンダーと共に、今回のヴォルフスブルク戦ではまだメンバーから外れることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報