ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月26日

バウムガルトリンガー、靭帯断裂は回避。

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われたVfLヴォルフスブルク戦にて、終盤から投入されるも間も無くして臨んだ対人戦にて負傷、相手選手の足を踏み不運な形で膝を捻ったユリアン・バウムガルトリンガーには、試合後の初期診断の結果で既に十字靭帯断裂の可能性が指摘されていた。

 そしてミュンヘン市の膝の専門医の下で更なる検査を受けた結果、靭帯断裂という最悪の事態だけは免れており、すでに患部の靭帯を補強する手術を受けたとのこと。つまりは8〜10ヶ月の離脱が見込まれた断裂と比較し、大幅に離脱期間が短縮されるということだ。ただそれでもクラブ側の見解では「5月まで」の復帰を見込んでおり、少なくとも今夏に行われるユーロへの出場には期待することができるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報